『ダイブコンピュータのメカニズムと減圧症予防法』特別公演会へ聴講

2016年12月10日(土)10:08 午後



特別公演会『ダイブコンピュータのメカニズムと減圧症予防法』に聴講して来ました。
会場は琉球大学医学部附属病院医学部臨床講義棟です。
講師は以前TUSAでダイブコンピュータの開発に関わっていた今村昭彦氏。
今年8月に退職され、現在は全国で減圧症予防法の研究や講演会を開催されているようです。

体内窒素圧(量)の変化やダイブコンピュータのメカニズムはとても勉強になりました。
スライドを見ながら・・減圧症を甘く見てはいけないと痛感しました。
命を落とすことは少なくても、重症だと歩行困難になることもあるそうです。しかも1度減圧症になるとその後にまた減圧症になる可能性が上がるとか。。
先ずは予防すること。1度も減圧症にならないよう日頃から注意してダイビングすることが大切ですね。


  |