fbpx

黄金に輝くサナギの正体は日本最大級の蝶!

2019年08月07日(水)10:18 AM

窓際にじーっとしている蝶(チョウ)が大きくてきれいなので「なんていう蝶ですか?」って聞いてみると「オオゴマダラですよ」今日、蛹(サナギ)からかえったばかりだという。昨日伺った宜野座村にある松田地区体験交流センターにての会話。

沖縄 日本最大級の蝶 オオゴマダラ

オオゴマダラの幼虫はホウライカガミという木の葉を食べて、やがてサナギになり木にぶら下がったサナギの枝を切って運び糸にくくりつけてあり、まるで「サナギツリー」。
下の写真、黄◯で囲った中央の金色のサナギはサナギになったばかりで、青◯で囲ったサナギはふ化した抜け殻。写真左の赤◯で囲ったサナギは、サナギの色が黒くなるとふ化が近づいているようです…。

沖縄 日本最大級の蝶 オオゴマダラ

初めて見たぁ~金色のサナギ! センターで話を聞いている最中にも、小学生の男の子とお母さんが入ってオオゴマダラのサナギを興味深そうに見てます。

「オオゴマダラ」は、南西諸島にしか生息しない蝶で日本の中では最大級の蝶といわれ、サナギの大きさは4cm~5cmあり、ふ化したオオゴマダラが羽根を広げると13cm~15cmにも及ぶ大きさ。
サナギが黒くなるとふ化が近いそうで、明日にはふ化するのでは?…と、話を聞いているうちに、オオゴマダラのふ化するところを見てみたくなりました。明日は来れないなー(*´з`)

沖縄 日本最大級の蝶 オオゴマダラ サナギ

オオゴマダラは白と黒のコントラストがとても美しく「南国の貴婦人」とも呼ばれるそうですが、ヒラヒラと飛ぶ姿が、まるで新聞紙が風に舞っているように見えることから「新聞蝶」とも呼ばれることもあるそうです。

沖縄 日本最大級の蝶 オオゴマダラ サナギ

調べてみると、沖縄でオオゴマダラが見れる場所がありました。近々リポートしますね!


  |